サイトマップページです。

  • TOP
  • »
  • サイトマップ

サイトマップです


ブロック注射の発痛点について

発痛点とは、痛みが最も大きい部位、凝りもあり、またその部位を押さえると痛みが放散するような部位を言います。またトリガーポイントとも呼ばれ、ブロック注射でもトリガーポイントブロックという種類があります。

トリガーポイントに対してブロック注射をすることは、交感神経の興奮を抑え、血行を改善し、発痛物質を取り除くことに他なりません。

トリガーポイントの痛みが長く続くと、脳が痛みに対して過剰に反応を示し、外部からの刺激が無くても筋肉は硬直を強めてきます。

つまり痛みの悪循環が起こってしまうのです。筋肉に決して無理をかけないようにしたり、マッサージなどでほぐす、筋肉の血行をよくするために温熱を利用する、などの方法で状態を緩和することはできますが、日常生活の中ではなかなか成し得ないという方も多くいらっしゃいます。

トリガーポイントブロックは古くから有効な治療法として用いられています。整形外科、麻酔科やペインクリニック、また内科でも多用され、その高い効果を示しています。

トリガーポイントでは局所麻酔薬を少量注入します。発痛物質を抑制し、排除し、知覚神経による痛みの情報を遮断して脳に伝わらないようにします。

つまりトリガーポイントは単に痛みを断ち切るだけではなく、その麻酔の効果が無くなってもそれ以上に痛みの緩和が持続することが容易に期待できるのです。

またトリガーポイントで使用される針はとても細く、痛みもほとんどありません。しかしながらトリガーポイントは1回の施術だけではなかなか効き目がありません。

数回注射する場合がほとんどですので、感染や出血などの副作用の可能性が増えます。その他には針を入れるべき場所とそうでない場所があり、特に胸部や腹部などには内臓を傷つける可能性が高いため用いることができません。

関節の痛みや神経痛の場合は神経ブロックを用いることが多いですが、筋肉痛や肩凝りなどには特にお勧めのブロック療法です。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.