ブロック注射の即効性についてお話ししております。

即効性について


ブロック注射は即効性のある治療法として知られていますが、全ての患者に対して効果があるというわけではありません。 ブロック注射は患者の体質と、医者の腕に大きく効果が左右される治療法なのです。

数日遅れで効果が出たり、全く効果がなかったりということもありますが、基本的には打ってすぐに効いてきます。

ですから、激しい痛みで日常生活も困難であるだとか、短時間でも歩くのが辛いという方は、ブロック注射を選択することはおすすめです。

ただしブロック注射を打つ際に頭に入れておいてほしいのは、基本的に数日程度で痛みが元に戻ってしまうということです。

ブロック注射は麻酔を打ちこんで痛みの神経を麻痺させることで症状を緩和させるものなので、即効性に高くても麻酔が切れれば元に戻ってしまいます。

そのためブロック注射は、症状が治まったら終わりではなく、その間に根本的な治療を考えて実践する必要があるのです。

ブロック注射を打つことが多い病としては、腰痛が主なものになります。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症、坐骨神経痛などですが、これらの病状は運動療法で改善していくことができます。

もちろん無理は禁物ですが、出来る間に少しずつでも適切な運動を行い、根本的な治療を進めていくことが完治させるための道筋です。

適切な運動と言っても何をすればいいのか良くわからないという人は、担当医やリハビリの専門家に尋ねてみてください。

直に指導を受けるのが一番ですが、周囲の環境でそれが難しい場合には、当サイトでお薦めしている「福辻式ストレッチ」を実践してみてください。

腰痛治療歴30年以上の福辻鋭記先生が、家庭でも手軽にできるようにと考案されたもので、今までに延べ5万人以上の腰痛患者さんがこの方法で腰痛の症状を改善しております。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、長いこと腰痛で悩まれている方は一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この方法があなたを悩ませている腰痛を改善するきっかけになるはずです。

→ブロック注射を使わずに腰痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.