ブロック注射には安静時間が必要となります。

安静時間について


ブロック注射は即効性のある、腰痛などを遮断する治療法です。患部に麻酔薬を注入することで効果を得られるのですが、多少の副作用もあります。

そのひとつが、終わった後の安静時間です。ブロック注射の種類によって多少変わりますが、軽いものでも30分程度の安静時間は取るように言われます。

また、ブロック注射が終わった後にはまぶたが重くなったり、目が充血したり、声がしゃがれたりなどの副作用がありますが、これらはしばらく待てば元通りになります。

また、効果が高く、神経付近に入れるようなタイプのブロック注射の場合は、安静時間も長めになるため、日帰りが難しくなります。神経付近に打つ場合には、感染症などを防ぐために経過観察が必要であるという理由もあり、安静時間も長めになります。

このような安静時間を過ぎれば、ブロック注射は完了です。日帰りでも、傷口から菌が入るのを防ぐため、その日はお風呂には入らないように言われることが多いです。

お風呂に関して特に何も言われないのは、トリガーポイントブロック注射など、身体の深部までは針を入れないタイプのブロック注射です。

種類によっても異なりますが、多くの場合ブロック注射は数日から2週間程度、症状を抑えることができます。人によってはそのまま症状が綺麗に治ることもありますが、多くの場合は薬が切れればまた痛みが戻ってきてしまいます。

というのも、ブロック注射は痛みを伝える神経を麻酔で遮断しているだけであり、その原因自体を排除しているわけではないので、一時的でも痛みがなくなったことでそのまま回復に向かう人もいますが、薬が切れたらすぐ元に戻ってしまうことがほとんどなのです。

ですので、ブロック注射で症状を抑えたら、その間に腰痛を根本から治すための治療を行うことが重要です。腰痛を根本から治す方法として「福辻式治療法」がお薦めです。

福辻式治療法は運動療法をメインとした治療法なので、即効性はありませんが、毎日コツコツと続けることで腰痛を起こしている根本原因を排除していきます。

そして、毎日コツコツと続けることで、徐々に身体のバランスが整っていき、腰痛を完治することができるようになります。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、腰の痛みや足の痺れで悩んでいる方は、一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この福辻式治療法があなたの腰痛を完治するきっかけになるはずです。

→ブロック注射を使わずに腰痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.