関連ページ2です。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ2

関連ページ2について

動脈硬化症をブロック注射で改善する

動脈硬化症はかなり危険な病気で、部位によってはすぐに治療をしないといけません。動脈硬化症とは、動脈の壁が厚くなることで脂肪が沈着し、そして、動脈の弾力性が無くなりそのまま硬くなる状態を言います。

動脈が硬くなると、血液が通る道が狭くなり、しっかりと血流を流すことができなくなります。そうなると、心臓の場合は心筋梗塞、腎臓の場合は尿毒症、脳だと脳卒中になる可能性が出てきます。

これらの病気はどれも命に関わる大変危険な病気ですので、このような病気を引き起こさないためにも、まずは動脈硬化症をしっかりと予防し、もし動脈硬化症と診断されてしまったら、しっかりと治療に専念するようにしてください。

そして、動脈硬化症を治すためによくブロック注射が用いられることがあります。硬膜外ブロック注射を使用することで、動脈硬化症を抑えることができます。

また、一時的ではありますが、血流の流れを正常な状態にすることも出来るので、動脈硬化症患者さんにはとてもお薦めのできる治療法です。ただし、ブロック注射を使用する場合は、いくつか注意しなくてはいけない点があります。

まず、ブロック注射は個人差によって効果が異なります。人によっては効果が出ない場合がありますし、逆に副作用が起きてしまうこともありますので、特にアレルギー体質の方は注意が必要となります。

また、ブロック注射を打つ際に皮膚などから細菌が感染してしまい、他の病気を発症してしまうこともあります。ですので、まずはブロック注射を打つ前に担当医師にしっかりと確認して、自分は治療を受けて問題ない体質なのかよく確認してから受けることが大切です。

それに、何もブロック注射だけが動脈硬化症を治す手段ではありません。その他にも動脈硬化症を改善する上で様々な治療方法がありますので、よく医師に相談をして、自分にはどの治療方法がベストなのか、しっかりと相談して治療を進めていくことが大切です。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.