椎間板ヘルニアにブロック注射はお勧めしません。

椎間板ヘルニアについて


椎間板ヘルニアになると腰や臀部、足にかなりの激痛が走ります。また、痺れなども酷く現れ、そのような症状になった場合、日常生活に悪影響を及ぼすことになります。

また重度な症状になると、椅子に座ることが出来なくなったり、立ち上がることすら出来ない状態になります。

このような状態になると、ベッドなどで生活することが余儀なくされ、手術が必要になることもありますので、出来ればその前に対処しなければなりません。

また、ブロック注射は椎間板ヘルニアの症状を一時的ではありますが、軽減させることができるので、使用される方は多くいます。しかし、椎間板ヘルニアの場合、背中に打つことが多くなるのですが、この場合かなりの激痛を伴います。

患者さんの中には痛みで失神する方もいますので、ブロック注射を受けるときは、よく考えて使用しなくてはなりません。ただし、高い効果を期待できることもありますので、多少我慢してでも受けてみるのも選択肢の一つです。

また、椎間板ヘルニアはかなりの激痛を伴うと説明しましたが、厳密にはそうとは言えません。個人差で痛みが違うため、本当に痛いとは限りません。

また、担当する医師によってもかなり違いがあります。医師のやり方が悪いと無駄に痛みを出してしまうこともありますので、医師の選択はとても重要です。

ですが、そのような痛みに耐えることもなく、椎間板ヘルニアを改善させる方法はあります。それが、当サイトが推進している「福辻式治療法」です。

福辻式ではブロック注射や手術などを一切行わず、しかもご自宅で椎間板ヘルニアを治すことができます。

またこの治療法を開発された福辻先生は、30年間で延べ50000人以上の腰痛患者を救っている名医です。これだけ大勢の方が症状を改善している治療法は他にありません。

福辻式の詳細は下記よりご覧になれますので、もしどこに通っても椎間板ヘルニアがなかなか治らないという方は、今すぐご覧になられることをお薦め致します。

→ブロック注射を使わずに腰痛を治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ4


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.