脊柱管狭窄症を完治したければブロック注射を打つことは止めるべきです。

脊柱管狭窄症について


脊柱管狭窄症の保存療法の1つに、ブロック注射があります。特に痛みを我慢できない場合には、すみやかに痛みを抑えるための効果が高く、ペインクリニックでも主体的に用いられている治療法です。

またブロック注射にも様々な種類がありますが、脊柱管狭窄症では、硬膜外ブロック注射や神経根ブロック注射が多用されます。

このうち神経根ブロック注射は、病気の診断時に腰椎の神経根に注射することで、症状が出るかどうかを判断するためにも有用です。この方法を選択的神経根ブロック注射と呼ばれますが、脊柱管狭窄症以外でも多く用いられている診断方法の1つです。

また手術をするポイントを決定するために、この神経でよいのか、という判断基準にもなります。神経根ブロック注射ではX線透過をして、その映像を見ながら腰の神経根に対して注射針を刺し、局所麻酔薬を打ちます。

またこの際、できるだけ神経に直接当たらないように注意しますが、人によってはかなりの激痛を伴うことがあります。ですが、すぐに効果が現れてきますので、痛みはすぐに落ち着いてきます。

脊柱管狭窄症で特徴的な間欠性跛行、つまり歩行するうちに足が疲れたようになり休んでしまい、ある程度休めばまた歩行が可能になる、と言う症状にも効果がありますし、腰の痛みや足の痺れにも効果を発揮します。

また神経根ブロック注射は、硬膜外ブロック注射に比べて炎症を抑える効果が高く、注射の精度についてもより高くなる場合がほとんどです。

しかし、ブロック注射には副作用が起こることがあります。麻酔薬が血液中に混入すると頭痛が起こったり、血圧が高くなる場合もあります。また、神経の場所を間違えて打ってしまった場合は、効果がなかったり、また逆に症状が悪化してしまう原因にもなります。

これらのことも治療前に説明を受けると思いますが、ブロック注射はあくまでも一時的に痛みを抑える麻酔に過ぎません。

激しい腰の痛みや痺れを一時的に抑えるにはとても効果がありますが、ブロック注射を何度打ったからといって、脊柱管狭窄症が治ることはありません。

このことをよく理解した上で治療を受けないと、せっかく痛い思いをしたのにさほど効果がなかったと、後悔することになってしまいます。

脊柱管狭窄症を根本から治すのであれば、当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」を実践すべきです。福辻式治療法をしっかりと実践すれば、あなたの脊柱管狭窄症も短期間で改善され、元の日常生活を送れるようになります。

福辻式治療法の詳細は下記から確認することができますので、まずは一度詳しい内容をご覧になってみてください。きっとこの治療法が、あなたを長いこと悩ませ続けていた、腰の痛みや痺れを解消するきっかけになるはずです。

→ブロック注射を使わずに腰痛を治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ4


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.