坐骨神経痛で悩んでいたとしてもブロック注射を受けることは止めてください。

坐骨神経痛について


坐骨神経痛とは、多くのが方が病名だと勘違いをされていますが、腰痛における一つの疾患であって、病名ではありません。

腰椎の周りにはいくつかの神経が走っています。この神経が何らかの理由で圧迫を受ければ、坐骨神経痛ということになります。

腰痛を代表とする、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、すべり症などではほぼ間違いなく、この神経を圧迫することになります。

ですので、坐骨神経痛と診断されたとしても、それはその他の病気が併発していることがほとんどなのです。主な症状としては、臀部や太腿の裏の痛みやしびれ、また重度になると、足の指先にまでしびれが出ます。

何故、痛みやしびれの出る箇所が人によって異なるのかと言えば、圧迫されている場所によって痛みの出かたが異なるからです。

腰の神経は、腰椎の後ろ側に左右2本出ているのですが、例えば、椎間板ヘルニアによって椎間板が圧迫を受け、右の神経を圧迫していた場合、右の臀部や足に痛みやしびれがでます。

また、腰椎は5つありますが、その何番目の椎間板が圧迫を受けているかによって症状は異なります。ですので、医師などに坐骨神経痛と診断された方は、それ以外に今お伝えした症状が併発している場合がほとんどなのです。その点はしっかりと把握しておいてください。

また、この坐骨神経痛を改善させる方法の一つとして、ブロック注射があります。しかし、ブロック注射は一時的に神経の伝達を断って、痛みを誤魔化しているものに過ぎません。

一時的に神経が麻痺しますから、それで治ったと勘違いされる方が多くいますが、ブロック注射の効果が切れれば当然のことながら再発します。

再発すれば、またブロック注射を打たなくてはならず、いつまで経っても根本からの解決になることはなく、イタチごっこを続けることになります。坐骨神経痛を完治させるにはブロック注射では難しいと言えます。

では、どうすればいいのか、当サイトではどんな坐骨神経痛も30日間で完治させることができる、「福辻式治療法」をお薦めしております。

この治療法で坐骨神経痛に悩んでいる多くの患者さんが短期間で症状を改善させることができています。

もし、あなたが今お持ちの腰の痛みやしびれを完治させたいと思っているのであれば、今すぐにサイトをチェックしてみてください。きっとあなたのその辛い腰痛を改善させる第一歩に繋がるはずです。

→ブロック注射を使わずに腰痛を治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ4


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.