ブロック注射を受けると悪化するのにはきちんとした理由があります。

悪化する原因について


ブロック注射は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、腰の痛みを取り除くのに有効とされる治療法です。しかしこの効果には個人差が大きく、中にはかえって痛みが増してしまう場合もあります。

治療であるはずのブロック注射でなぜそのようなことになるのか。ブロック注射で悪化する理由のひとつはまず、医師の技術力の問題です。

神経の近くに針を刺すのですから当然、場所がずれれば神経や血管を損傷することになります。結果的に、麻酔が上手く働かず、損傷から痛みやしびれが酷くなるということになるのです。

悪化する理由がこのようなものであれば、ブロック注射をどこで受けるのか、患者側がしっかりと情報収集を行えばある程度は避けられます。

しかしブロック注射で悪化する理由はこれだけではありません。麻酔を入れた際に内圧が上がって神経の圧迫が増してしまい、麻酔が効いている間はいいのですが、切れた時に状態が酷くなるというのが悪化する理由になっていることもあります。

このパターンの難しいところは、ブロック注射が効く人は特に悪くならず、場合によってはそのまま症状が完全になくなってしまうこともあるということです。

つまり、症状や体質による個人差がブロック注射で悪化する理由になっており、これはブロック注射を得意とする医師でも全てを予測することは難しいと言われています。

ブロック注射に全てを頼るのではなく、一時的に症状が緩和されている間に他の方法でしっかりと治していくという考え方で受けるのがおすすめです。

日常生活も辛いほどの腰痛を抱えたままでは、運動療法をはじめとする保存療法も難しいことがありますので、まずはブロック注射で痛みを緩和し、体が動かせるようになったら運動療法を中心とした治療で完治を目指すということです。

運動療法は筋肉をほぐし血行を良くするだけでなく、身体のバランスを整えるストレッチを行うと良いです。

そもそも腰痛の痛みの多くは、姿勢が悪かったり、同じ体勢をずっと続けているなど生活習慣が積み重なって起こることが多いので、片寄って使いすぎることのないように身体のバランスを取るストレッチを行うことが大切です。

運動療法で行うストレッチは、やはり「福辻式ストレッチ」がおすすめです。多くの腰痛患者を改善させてきた実績を持つ福辻鋭記先生が、自宅で簡単にできるようにと考案されたものです。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、腰痛で長いこと悩んでいる方は、まずは一度内容を確かめてみてください。きっと、この福辻式ストレッチがあなたの腰痛を解消するきっかけになるはずです。

→ブロック注射を使わずに腰痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.