ブロック注射の副作用でお悩みの方はこちらのページで悩みを解決してください。

副作用について


ブロック注射を受ける際、副作用や後遺症があるかどうか気になっている方は多いと思います。

ブロック注射は薬による副作用が非常に少ないことで知られていますが、決してゼロというわけではありません。

体内に直接薬を打つ必要があるのに意外と感じる方も多いと思いますが、体内に打つ薬品の量は意外に少なく、同じような効果を口から飲む薬で得ようとすると、
ブロック注射で使う薬の量の10倍以上は必要になると言われています。

そのような観点から見ると、下手な投薬療法を受けるよりはブロック注射のほうが安全に感じるかもしれません。しかし残念ながら、ブロック注射の問題はそれだけではありません。

まず挙げられるのが、感染症にかかる可能性があるという点です。これも以前よりも減ってはいますが、注意する必要はあります。自分で出来る予防法としては、ブロック注射を受ける前に身体を清潔にしておくことです。

また心臓病などの病気を過去に発症している場合は、感染症になる可能性が格段に上昇するので、ブロック注射を打つことは非常に危険です。

また、後遺症の原因の中には人為的なミスがあります。この人為的ミスだけはどうしようもなく、経験の浅い医師や腕が悪い医師が間違った治療を行ってしまった場合、身体に起こる影響は図り知れません。

こうしたヒューマンエラーを回避するには医師に全て掛かっているので、患者側から出来ることは、出来る限り腕の良い医師を探すことです。

このように、ブロック注射はかなりのリスクがあります。しかし、このようなリスクを抱えなくても腰痛を完治させる方法はあります。

それが当サイトで推進している「福辻式治療法」です。この治療法を開発された福辻先生は、30年間で延べ50000人以上の腰痛患者を救ってきた名医です。

もし、あなたがブロック注射を打たずに腰痛を改善したいと考えているのであれば、「福辻式治療法」をお薦め致します。

詳細は下記よりご覧になれますので、まだ一度もサイトを見たことがないという方は、ぜひ一度ご覧になってみてください。あなたのその辛い腰痛を完治させるきっかけになるはずです。

→ブロック注射を使わずに腰痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.