ブロック注射の適正回数は人によって様々です。

適正回数について


ブロック注射は一回打っただけではなかなか効果がなく、ある程度の回数をこなさなくてはいけません。

中には1回打っただけで1週間以上痛みが引いたという方もいれば、何度打ってもなかなか良い結果が出ないという方もいます。

それでは一体、どの程度の回数をこなせば、ブロック注射の効果は現れてくるのでしょうか。

そもそもブロック注射がどのようなものかと言うと、様々な原因で神経や筋肉が傷ついたり、過剰に働いたりしている場合、激しい痛みや体のしびれ、慢性的な腰痛や頭痛、肩こりといった様々な症状が発生します。

症状が軽いうちは安静にしたり、軽い運動を行うことで症状を改善することができますが、症状が徐々に進行するうちに、安静にしているだけでは回復が困難になってくることがあります。

そのような時に用いられるのがブロック注射で様々な原因となっている神経や筋肉に直接麻酔薬を投与することによって、一時的に症状を緩和させます。

この流れを1回で済ませることが出来ればそれに越したことは無いのですが、なかなかそうはいきません。痛みの原因となっていた箇所から麻酔を打った場所がずれていたり、麻酔に聞きにくい体質だったりすると、思ったような効果を発揮することが出来ないことがあります。

そのため、ブロック注射を行う時は何度か回数をこなす必要があり、少なくとも2、3回は行うことになります。中には数十回行う方もいますが、回数を続けていると今度は逆に薬に体が慣れてきたり、薬の影響で神経が癒着して、外科手術などの別の治療を行う時に治療がしにくくなることがあります。

ブロック注射を何度も回数を重ねて打っても、目立った効果が表れないという方は、別の治療方法を検討する必要があります。

また、ブロック注射はあまり回数を重ねると、体に様々な影響を及ぼす可能性がありますので、ブロック注射を受けるときは医師にしっかりと相談をして行わないと、予想外のトラブルに見舞われてしまうこともあります。

ですので、そのようなトラブルに見舞われないためにも、自分の体質や病気の症状について、的確に医師に情報を伝えることがとても大事になってきます。

また、ブロック注射は腰痛患者によく使われる治療法です。椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、脊柱管狭窄症等、腰痛の中でも特に腰の痛みやしびれが強い病状に用いられます。

ですが、ブロック注射はあくまで一時的に痛みを抑える麻酔に過ぎませんので、ブロック注射をいくら打ったところで、このような腰痛が治ることはありません。そのことはよく知っていただければと思います。

もしあなたが腰痛で悩み、腰の痛みや痺れを改善しようとブロック注射を検討していたり、既に治療を受けているのであれば、ブロック注射を打つことは今すぐに止めて、当サイトでお薦めしている、福辻式治療法に切り替えることをお薦め致します。

福辻式治療法をしっかりと実践すれば、1~2ヶ月という短期間で根本から腰痛を治すことができますし、腰痛を発症しにくい体にすることもできます。

実際に今までに延べ50000人以上の方がこの福辻式治療法で腰痛を完治していますし、病状を完治してからも腰の痛みやしびれを発症しにくい体を手にすることができています。

福辻式治療法の詳細は下記よりご覧いただくことができますので、長いこと腰痛で悩んでいる方は詳しい内容を一度確認してみてください。きっと、この治療法があなたの腰痛を改善させるきっかけになるはずです。

→ブロック注射を使わずに腰痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.