ブロック注射の注意点についてお話ししておりますので参考にしてください。

使用するときの注意点について


ブロック注射は、保存療法だけでは抑えきれない激しい痛みを抑えることができます。また、他の治療のサポートも行えたりと、非常に便利ではあるのですが、いくつか注意しなければならない点があります。

もし、ブロック注射をこれから利用しようと考えている方は、そうした注意点についても知っておき、ブロック注射は決して万能な治療法というわけではない、ということを知っておいてください。

ブロック注射の一番の特徴は、痛みを発している神経や筋肉に直接麻酔薬やステロイド剤を注射する点にあります。

これによって、普通の投薬療法よりも薬の効果をフルに発揮する事が出来るのですが、患部に直接注射する必要があるため、太い注射針を神経部分まで深く差し入れる必要があります。

そのため治療中は非常に強い痛みに耐えなければならず、場合によっては、ブロック注射の痛みを抑えるための麻酔を打つこともあります。注射が苦手という方には非常に辛いと思いますので、もし注射が苦手という方はそれなりに覚悟するようにしてください。

さらに注意しなければいけないのが、ブロック注射に使用する薬を問題なく使える体質なのかという点です。

もし麻酔薬やステロイド剤にアレルギーがある方にブロック注射を行なってしまうと、命に関わる危険性があるので、アレルギーがあるという方は絶対にブロック注射を利用する事が出来ません。

また、アレルギーがないという方も連続して使用することは出来ません。過剰な薬の投与は、神経などの組織の癒着を引き起こしたりなどの悪影響を与えることもあるので、使用は大体一週間に一回程度に抑えることになります。

ですので、腰痛を早く治したいからと、他の病院に行ってブロック注射を行なったりしないようにしてください。ブロック注射は体への影響を考慮して、症状が相当悪化した患者にしか行われないようになっています。

出来る限り早く痛みを抑えたいという方は、すぐにでもブロック注射を使いたいと思うかもしれませんが、通常の治療であれば、体にそこまで負担もかけずに治療する事が出来るので、ブロック注射は最後の手段として考えてもらいたいと思います。

もしあなたが、腰痛で悩んでいるのであれば、当サイトでは福辻式治療法を受けることをお薦め致します。福辻式ではブロック注射を使わずに、延べ50000人以上の腰痛患者さんが、短期間で腰痛を改善している実績があります。

ですので、あなたのその辛い腰の痛みや足のしびれも、福辻式治療法を実践すれば改善できるはずです。福辻式の詳細は下記よりご覧いただくことができますので、まずはブロック注射を受ける前に、福辻式治療法を実践することをお薦めしたいと思います。

→ブロック注射を使わずに腰痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.