ブロック注射の費用や値段のことについて解説しているページです。

費用や値段について


椎間板ヘルニアや坐骨神経痛といった神経の圧迫によって引き起こされる腰痛は非常に辛く、多少医療費が掛かってもいいからすぐに治してほしいと依頼する患者さんは大勢います。

しかし、そうした神経に関係する病気に対してブロック注射は、手術より小さなコストで非常に高い効果が得られる場合があります。

神経ブロック注射は、病院によってかなり値段が異なります。ブロック注射自体は健康保険が適用されるので出費は抑えられますが、注射そのものの値段が病院によって大きくばらつきがあります。

安いところでは500円程度で済むこともあれば、数千円掛かるところもあったりとかなり開きがあります。ですが、それ以外の費用も色々と必要となることが多く、例えばレントゲン撮影をする場合、別途撮影費がかかります。

また、神経根ブロック注射の場合は、痛みが非常に激しいので、痛みを軽減するための麻酔を打つこともあるので、その費用も別途必要となります。

さらには感染症などになっていないかどうかを確認したり、麻酔が効いてきたら思うように身体を動かせなくなることもあるので、そのまま入院することがあったりもします。

その場合、もちろん入院費が必要となりますので、かなりの出費になる可能性もあります。また、入院してもしなくてもブロック注射はほとんどの場合、1回で効果を得ることはあまりありません。

少なくとも2、3回、多い人は数十回行ってようやく効果を感じることができるので、それなりの出費が必要となります。

それなりに出費は掛かりますが、一時的に痛みを抑えることができますので、痛みに耐えられない方には対処療法として利用することはお勧めです。

ですが、ブロック注射は身体に掛かる負担は大きいものになりますし、医療費や入院費も確実に高くなります。

このようなことを避けるために当サイトでは、「福辻式治療法」をお薦めしております。この治療法はブロック注射や手術などは一切必要なく、腰痛を根本から改善できる方法です。

まだ、「福辻式治療法」を知らないという方はぜひ一度サイトをご覧になってみてください。きっとあなたのその辛い腰痛を改善させる第一歩に繋がるはずです。

→ブロック注射を使わずに腰痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.