ブロック注射のデメリットについて詳しく解説しています。

デメリットについて


椎間板ヘルニアや坐骨神経痛など、腰の神経が強く刺激されることによって、激しい痛みを引き起こす腰の病気は、症状が重くなったときに動くことができなくなることがあります。

そのような状態に陥った場合、痛みを一時的に解消出来るよう考案されたのがブロック注射です。

ブロック注射は、神経を圧迫している患部に鎮痛剤やステロイドなどを直接注射することにより、患部に薬剤を行き渡らせて一気に痛みを取り除く方法です。

ただし、このブロック注射にはいくつかのデメリットがあります。まず、ブロック注射のデメリットの一つが激しい痛みです。ブロック注射は患部に直接薬剤を送り込むため、非常に長くて太い注射針を使用しなければなりません。

そのため、針を差し込むときに非常に痛い思いをしなければならず、場合によっては、腰の痛みよりも激しい痛みに耐えながら治療を行なうこともあります。

ただし症状が重い患者に言わせると、一時の激しい痛みよりも、毎日続く腰痛の方が辛いため、この痛みは我慢できるという方が多くいます。

また、もう一つのデメリットとしては、ブロック注射によって、他の病気や怪我に繋がる可能性が高まるという点です。長い注射針を差し込むことで、感染症を引き起こしたり、治療ミスによって、神経などの重要な組織を傷つけてしまう事態を引き起こすことがあります。

ブロック注射は医師の経験によって成果が大きく異なると言われており、腕の良い医師に当たれば、たった1回の治療でも楽になると言われています。

しかし、腕の悪い医師に当たると、何度やっても効果を得ることができなかったり、神経などの重要な組織を傷つけてしまうような事態を引き起こしてしまうこともあると言われています。

もし最悪、神経を傷つけられてしまった場合には、その場からしばらく動けなくなってしまったり、何かしらの障害が残るなどのデメリットがあります。ですので、ブロック注射を利用する際は、腕の良い医師を見つけることがとても大事になってきます。

ブロック注射は他の対症療法と比べても即効性が高く、腰の痛みをすぐに抑える事が出来たり、上手くいけば一度の治療で何日も痛みを感じずに過ごす事ができるようになります。

ただ、ブロック注射というのは、あくまでも一時的に痛みを抑えるだけの麻酔に過ぎません。ですので、ブロック注射を打ったからといって、それで腰痛が完治できるわけではありません。

このことをしっかりと理解していただき、ブロック注射とは腰の痛みを一時的に抑えるもの、ブロック注射では腰痛を治すことはできない、それを十分に分かった上で、治療を受けるようにしてください。

ただ、即効性にはとても優れている方法ではありますので、日常生活を送ることも困難なくらい重症な方は一度、医師に相談をして受けてみることは良いと思います。

もしあなたが腰痛に悩み、一時的な治療ではなく、根本から腰痛を治したいと思っているのであれば、当サイトでは福辻式治療法をお薦め致します。

この福辻式治療法では、延べ50000人以上の腰痛患者さんがブロック注射や手術などを行わずに、短期間で腰痛を改善している実績のある治療法です。

もし、「今まで色々な治療を受けてきたが腰痛が治らない」、「日常生活に支障が出ている」という方は一度、この福辻式治療法を実践してみてください。きっと、この福辻式治療法があなたのその辛い腰痛を解消するきっかけになるはずです。

→ブロック注射を使わずに腰痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.