関連ページです。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ

関連ページについて

花粉症をブロック注射で抑える

花粉症とは、スギやヒノキ、ブタクサなどの花粉が体内に入り込むことにより、体がアレルギー反応を起こしてしまう病気です。とくに春の時期には、この花粉症に悩まされている方は多いことだと思います。

花粉症の主な症状は鼻水、くしゃみ、目の痒みなどが代表的です。しかし、この花粉症は全ての人に発症するわけではありません。主にアレルギー抗体が体に少ない人に発症しやすいと言われています。

花粉症は基本的にマスクや薬を服用することで症状を抑えることができますが、マスクや薬だけでは確実に症状を抑えることが出来るわけではありません。

そこで有効なのがブロック注射です、花粉症の場合、星状神経節ブロック注射を打つことになります。星状神経節ブロック注射を打つことにより、花粉に対して過剰に反応している副交感神経を落ち着かせ症状を抑えます。

またこのブロック注射は、薬などを服用できない妊婦さんにとても有効的な治療法です。妊婦さんはお腹に赤ちゃんがいるため、薬を一切服用することができません。ですので、春の時期に妊娠された方はとても辛い状態に陥ります。

しかし、ブロック注射は妊婦さんでも使用することができますので、花粉症持ちの妊婦さんにはとても助かる治療法の一つです。ですが、ブロック注射は人の体質によって効果が出なかったり、薄かったり、また拒否反応を起こしたりする場合もありますので、治療を受けるときは注意が必要となります。

ブロック注射を受ければ、花粉症の症状をかなり抑えることができますので、毎年酷い花粉症で悩んでいる方は、一度試されてみることをお薦め致します。特に妊婦さんにはお薦めの治療法です。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.