お薦めサイトページです。

  • TOP
  • »
  • お薦めサイト

お薦めサイト一覧

現在、お薦めしているサイトはございません。

ブロック注射による治療ミスについて

ブロック注射の副作用は少ないとされていますが、ブロック注射は神経に近いところに直接麻酔を打つもののため、ひとつのミスが大きな後遺症に繋がったりします。

そのため、技術がしっかりしている医師を慎重に選ぶことが重要ですが、医師も人間である以上、ミスが絶対にないとは言えません。

ブロック注射を行う際には、そういった点も頭に入れて受けるかどうかを決める必要があります。また同時に、ミスがなくても起こりうるブロック注射の副作用を知っておくべきです。

ミスがなくても起こる可能性があるブロック注射の副作用の代表的なものとして、感染症が挙げられます。これは針を刺したあとの傷口から細菌がはいり、感染症を起こすものです。

これを防ぐためにしっかりと消毒を行い、ブロック注射を行った当日はお風呂に入らないよう言われますが、これに関しては様々な工夫で可能性を限りなく低くすることはできても、ゼロにはできません。ほとんどは心配ありませんが、極稀に起こる可能性はあるということを頭に入れておくといいです。

次にあるのが出血です。出血した後、血の塊が出来てしまったりする場合もあります。これも起きる可能性は低いですが、血液をサラサラにする薬などを飲んでいる人は、事前に医師に申し出るようにしてください。

実際にブロック注射の医療的なミスであった事例としては、身体麻痺が残ったり、植物状態になってしまった例もあります。ブロック注射は神経の近くに触れる治療なので、可能性は低いですがそういうこともあるのだということは知っておいてください。

ですから、症状がそこまで酷くないのであれば、ブロック注射の前にまず温熱療法などで症状を緩和し、動けるのであればストレッチでの完治を目指すのが良いです。

特に運動療法は、痛みで緊張している筋肉をほぐすと同時に、筋肉を鍛えて腰や首を支える力を強化することができます。福辻式ストレッチなど、様々なストレッチの方法があるので、じっくりと調べて自分に合ったものを探してみてください。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 ブロック注射を考える会 All Rights Reserved.